月: 2021年10月

収納や間取りを見て選ぶ!賃貸物件選びで失敗しないためにチェックすべきポイント

収納力は大切!内見でしっかりチェックしておこう賃貸物件を選ぶ時、やっぱり収納力も重要なポイントですよね。クローゼットがないと服を収納できませんし、収納が少ないキッチンは使い勝手も悪いです。物件情報を見ればある程度の収納スペースは確認できますが、実際物件を訪れてみないと十分な収納力があるかどうかは判断…

Share

初めての賃貸オフィス!借りるにはどうしたら良いの?

どこに行けば良いのか?会社を設立した直後は、できるだけ初期投資を抑えておきたいものです。そんな時に利用すると良いのが賃貸オフィスで、購入する場合と比べると、かなり費用を安くできます。ただ、いざ利用するとなると、意外とどうしたら良いのかわからないといった人は少なくありません。そこでいくつかあるポイント…

Share

二世帯住宅を建てる?それならタイプ別に特徴を知っておこう!

自分や家族の条件に合った二世帯住宅のタイプを選ぶ!親子で同じ建物で暮らす二世帯住宅は、社会の少子化による家族間コミュニケーションへの対策や、高齢化での介護問題への取り組みとしても、大いに期待される住まいの型と言えます。ただし一口に二世帯住宅といっても様々なタイプがあるので、それぞれの特徴をよく理解し…

Share

賃貸オフィスの利用前に知っておきたいことは?

ビジネス中心部の物件を選ぶなら早めに探し始めよう賃貸オフィスは、自社のオフィスを持たない企業にとって大きな魅力があり、中でも月極契約ができるところや、保証人や担保が必要ないところに注目が集まっています。また、ビジネス中心部にある賃貸オフィスは、立地が良いだけでなく、築年数が新しく設備が充実していると…

Share

本末転倒…!?賃貸選びにまつわる手痛い失敗談

家賃の安さを追い求めたら賃貸選びで家賃の安さを重視する人は少なくないでしょう。できるだけお得に暮らしたいという気持ちはよくわかります、ですが、そこに固執しすぎて失敗するケースも見受けられます。家賃の安さを取る代わりに、築年数が古い、あるいは駅から遠いなどの条件は泣く泣く受け入れることもあるはずです。…

Share

あきらめたくない!ローコストであってもおしゃれで快適な家を実現する

ローコストで満足できる家造り家を建てる、その中でもこだわりを持った家造りをしようとすると、コストが高くなるというのが常識でした。ですが、近年では、ローコストであっても満足できる家造りが可能になっています。 ローコスト住宅は、壁の表面積を極力減らすことにより、シンプルな形状となるため、建築費用を抑える…

Share

古い賃貸住宅の選び方は?ここは必ずチェックしよう

耐震強度は大丈夫なのか古い賃貸住宅は、家賃の相場が低く注目される事も少なくありません。ただ、古い賃貸住宅を選ぶ時には必ず耐震強度の状況を把握してから入居手続きをしていきましょう。マンションやアパートは時間が経過していく程、老朽化していきます。老朽化すると、耐震強度が弱くなり地震に耐えられないという状…

Share

幼い子どもがいるファミリー用の賃貸物件の選び方

ファミリーに必要な間取りと設備幼い子どもがいるファミリーは、外遊び用の玩具やベビーカーを置くスペースが必要なので、玄関の収納が充実していると住みやすいと言えます。玄関にこうした器具を置ける場所がないと、扉の外側の共用スペースに置かざるを得ず、管理者から注意を受けることもあるかもしれません。また、幼い…

Share

駅近物件はこんな人におすすめ!注意点も併せて確認

駅利用が多い人に最適駅近物件の一番の魅力、それは何と言っても駅の近くに住居を構えられることです。通勤通学やレジャーなどで、駅をたくさん利用する人にとってメリットが大きく、徒歩での往来も楽に行えます。また、駅周辺には、商業施設が集まっていることが多いですし、日常の買い出しや食事などの不便も少ないです。…

Share

民法の改正によって敷金と礼金の扱いはどのように変わったのか?

敷金はルールが法律で正式に規定された2020年4月に改正民法が施行され、1896年の制定以来、改正が殆ど行われてこなかった債権関係の規定が大きく変化しました。その変化した点の一つに、賃貸物件の「敷金」に関する規定の新設が挙げられます。改正前の民法には敷金に関する言及はあるものの、定義については定めら…

Share
View More